第九回 またまた年に2回のあの日が来る!…資力確保措置の状況の届出について

手続き虎の巻!手続き 虎の巻!

いつもハウスジーメンをご利用いただきありがとうございます。

さて第九回の虎の巻のテーマは毎度おなじみ

資力確保措置の状況の届出について@2020年上期✨です。

住宅瑕疵担保責任保険ではお約束の『あの日』。

年2回の『資力確保措置の状況の届出の基準日』が3月に引き続き9月30日の水曜にやってきます。

今回は君に任せる

どうしよう… 突然先輩に 仕事振られてしまった…

さてここでもう一度おさらいしておくと、

2009年10月1日以降に新築住宅を供給した住宅事業者(建設業者と宅建業者)は、
住宅瑕疵担保履行法により、住宅購入者等の利益の保護を図るため
年2回に定められた基準日から3週間以内に、
住宅瑕疵保険の加入や供託による資力確保の状況を
行政庁へ届け出ることが義務付けられています。

この年2回の基準日というのが『資力確保措置の状況の届出の基準日』のことですね。

曜日は年度によりますが、毎年

“ 3月31日 ” と “ 9月30日 ”

が基準日となっています。

それぞれ対象となる期間は

“ 3月31日 ” は 前年10月1日~3月31日、“ 9月30日 ” は 4月1日~9月30日です。

ところで・・?

うぐぐ… 言葉の意味が わからない…

資力確保措置の状況の届出について

今回届出を初めて提出する方もいらっしゃると思いますので、ここでもう一度ご説明します。
資力確保措置とは…

新築住宅の供給または建設する宅建業者や建設業者が
引渡し後10年間の瑕疵担保責任を果たすために
新築住宅の欠陥部分の補修に要する費用を確保(保証金の供託又は保険加入)すること

です。そしてそれぞれの事業者が年2回の指定期間内に引き渡しのあった新築物件を明らかにし、その状況を各行政庁に届け出ることを『資力確保措置の状況の届出』といいます。念のためもう一度こちらを確認しておいてくださいね。

住宅瑕疵担保責任保険とは・・・?
瑕疵担保履行法が制定されて10年目を迎えました。実は意外に知られていない「住宅瑕疵担保責任保険」の成り立ちと現在の利用状況についてお知らせします。(MSJグループ:ハウスジーメン)

資力確保措置の状況の届出に必要な書類と手順

・届出書
・保険契約証明書(ハウスジーメンでは『保険契約締結証明書』
・添付書面(引渡し物件リスト⇒『保険契約締結証明書【明細】』の利用でOK)

資力確保措置の状況の届出には上記の書類が必要になります。
これらの書類をそれぞれの指定期日(今回は10月21日)までに所管行政庁(国交省地方整備局または都道府県)に提出しなければなりません。

ではこれらの手続きについて、具体的に確認していきましょう。