第 八 回 かし保険 躯体検査 前後 の 工事の 注意点 ・Ⅳ ( 耐力壁 後編 面材耐力壁 )

施工 虎の巻!施工 虎の巻!

枠組壁工法の場合

【告示第1541号 枠組壁工法の主な改正ポイント】
縦枠相互の間隔が500㎜以下に限り、構造用パーティクルボードと構造用MDFを告示仕様に追加
釘ピッチを縮小して高倍率耐力壁とする
◎ 構造用合板はさらに板厚を拡大かつ長い釘の使用で高倍率可能

枠組壁工法で追加となった面材耐力壁の釘について

枠組壁工法での改正仕様の釘については以下のような条件があります。

CN釘を使用し釘ピッチを縮小して高倍率耐力壁とする
構造用合板等はCN50⇒CN65の使用で高倍率化可能

枠組壁工法で追加された仕様

枠組壁工法で追加された仕様

■ 構造用パーティクルボード、構造用MDFの追加仕様詳細

■ 構造用合板の追加仕様詳細

構造用合板の追加仕様詳細一覧表
面材耐力壁のチェックポイント【5】
枠組壁工法でも面材追加
合板系の面材では釘ピッチの縮小にプラスして
板厚拡大×長い釘で高倍率を実現できるように

かし保険躯体検査 前後の工事の注意点・Ⅳ (耐力壁後編 面材耐力壁)について告示改正を含め確認しました。耐力壁は建物の強度に大きな影響を与える部分ですが、本来は単体の壁倍率だけを高めるだけではなく、建物内でいかにバランス良く配置するかがとても重要な要素となります。

この耐力壁のバランスについては次回、番外編として現場担当者にもわかる「設計 虎の巻!」としてざっくりとご説明したいと思います。
是非合わせて確認してください♪

では今回のまとめです。

◎ 面材耐力壁のチェックポイント
面材耐力壁について
  • 面材耐力壁は横架材と柱間に張る指定の厚さを持つ面材に、定められた種類の釘を、規定のピッチで打設することで壁倍率を満たすことが可能となる
  • 面材耐力壁は構造柱間に幅600㎜以上かつ高さ≦幅×5.0で設置する
  • 筋かいと面材耐力壁はそれぞれの特徴を理解して使用する
  • 面材耐力壁は釘が命!本数・ピッチ・原則段差0をしっかり守る
建築基準法関係告示の改正について
  • 面材耐力壁の高倍率化は釘ピッチを小さくし、応力を分散させて実現する
  • 告示仕様に構造用パーティクルボードと構造用MDFを追加
  • 軸組工法の受け材仕様(床勝ち)の真壁も耐力壁の対象
  • 構造用合板等合板系の場合は釘ピッチの縮小化に加え、以下の点に留意する。
    :軸組工法⇒板厚拡大×釘を強化N釘⇒CN釘へ
    :枠組壁工法⇒板厚拡大×釘を長く
    CN50⇒CN65へ)

【 資料出典 】

日本繊維板工業会 → ホームページはこちら
【資料】木質資源のリサイクルから生まれる耐震建材 木質ボードの耐力面材

日本合板工業組合連合会 → ホームページはこちら
【資料】構造用合板耐力壁の告示が変わりました

 


瑕疵保険や性能評価、住宅業界の最新情報、ハウスジーメンへの手続き情報など・・・いち早くキャッチしたい方は、メールマガジンの登録をお勧めします!

メールマガジン登録はこちらメールマガジン登録