【施工】虎の巻!第七回 かし保険躯体検査 前後の工事の注意点・Ⅲ (耐力壁前編 筋かいと筋かい接合金物)

施工 虎の巻!施工 虎の巻!

かし保険躯体検査時 前後の工事の注意点、
今回は耐力壁のチェックポイント前編として、筋かいと筋かい接合金物について確認していきましょう。

耐力壁のチェックポイント

耐力壁とは

建物は鉛直方向の縦の力に対しては柱で受けることができますが、地震や風などの横からの力には抵抗できず倒れてしまいます。
耐力壁とは主体構造の一つとして、主に建物の地震や風圧などの水平力に抵抗させる目的でつくられた壁のことです。木造軸組工法では、耐力壁としてはまず「筋かい」が挙げられますが、それ以外にも構造用合板・パーティクルボードなどの面材を使って作る「面材耐力壁」があり、これらを総称して耐力壁と呼んでいます。
鉄筋コンクリート造ではコンクリートの壁を耐力壁としたり、鉄骨造でも筋かい(鉄骨ブレース等)を使用し耐力壁を設置する場合があります。
特に地震に対しての耐性を強化した壁は別名、耐震壁耐震ブレースなどということもあります。
耐力壁は構造上重要であるため、他の間仕切壁とは区別され撤去できない壁です。今後のライフスタイルの変化に伴い、先々のリフォームを見据えた計画が必要とされます。

筋かいについて

「筋かい」とは柱と柱の間に斜めに取り付けた材のことです。ちょうどつっかえ棒のような原理で、地震や台風のときに生じる建物が倒れようとする力に抵抗しています。
筋かいはその部材の大きさによって主に2種類の大きさがあります。組み方は片方向だけの片筋かい、たすき状にかけるたすき掛けの2つあり、組み合わせによって4種類の強さ(倍率)を持つ耐力壁をつくることできます。

筋かいを使った耐力壁

耐力壁の種類 30×90筋かい、45×90筋かい

片筋かいの寸法と取付

  • 引張力を負担する筋かい
    厚さ15mm以上で幅90mm以上の木材又は径9㎜以上の鉄筋を使用
  • 圧縮力を負担する筋かい
    厚さ30mm以上で幅90mm以上の木材を使用

水平荷重による柱の引き抜きと片筋かいの関係

筋かいが柱脚にとりつく柱に水平荷重がかかった時の力の関係図と、筋かいが柱頭にとりつく柱に水平荷重がかかった時の力の関係図

筋かいが柱脚にとりつく引張筋かいと、柱頭にとりつく圧縮筋かいでは、圧縮筋かいの方が強度が必要になります。
ただし、水平力は実際には一方向だけから掛かるわけではないので、引張力のみ負担する厚さ 15mm 以上で幅 90mm 以上の木材又は径 9 ㎜以上の鉄筋の引張筋かいは一般的には使われません。筋かいは左右対称に配置して、どの方向から力が加わっても抵抗できるようにすることが大切です。
左右対称に配置できない場合は「たすき掛け筋かい」を取り入れるのもよいでしょう。
全体的なバランスを確認し、適切な配置が行われているか確認をしてください。

筋かいの形状と壁倍率の関係

『壁倍率(かべばいりつ)』とは、耐力壁の強さを数値で表したものです。
基準としては前述の「15×90㎜の引張筋かい」を1として、木材の厚みごとに、『壁倍率2倍』のように示されます。例えば「たすき掛け」の筋かいの入った壁は、片筋交いの2倍の壁倍率ということになります。
また、筋かいと構造用合板等の「面材耐力壁」を併用した場合は、壁倍率を合計することができますが、壁倍率の上限は5倍までとされています。
これは壁倍率を局所的に高くしても、その部分の壁のみが大きい水平力を負担することになり柱や梁等の接合部に強い負担がかかってしまうからです。

壁倍率表
筋かいのチェックポイント【1】
筋かいは必ず柱に接合されており
適切な壁倍率を持つ耐力壁がバランスよく配置されているか

筋かいの欠き込みについて

筋かいは、断面を欠き込むと、引張力や圧縮力を受けた時にその部分が壊れやすくなるため原則として欠込みしてはいけません。
筋かいが間柱等と交差する場合には間柱を欠き込み、筋かいを通すようにします。

また、90×90㎜の「たすき掛け筋かい」等で柱寸法間に収まらない場合は、必要な補強を行うことで、一部欠き込みをしても問題ないとされています。
筋かいの欠き込みについては、躯体検査の確認項目にあたりますのでしっかりと確認をしていきましょう。

筋かいと間柱の取り合い写真
筋かい・たすき掛けの施工例(90×90の場合)
筋かいのチェックポイント【2】
筋かいは原則として欠き込んではいけない
柱寸法間に収まらない90×90㎜のたすき掛け筋交い等は
適切な補強を行うことで欠き込みが可能になる