【施工】虎の巻!第四回 かし保険基礎配筋検査 前後の工事の注意点(後編)

施工 虎の巻! 施工 虎の巻!

前回の施工 虎の巻!に引き続き、かし保険基礎配筋検査時前後の工事の注意点について、今回は基礎配筋時の開口部廻りの補強筋と、アンカーボルトまでを確認していきましょう。

基礎配筋廻りのチェックポイント(2)

補強筋について

配筋廻りのチェックポイント④ 補強筋
孔や開口部廻りはしっかり補強されているか

基礎に断面欠損がある箇所は、どうしても強度が弱くなってしまいます。
そのような箇所は補強筋で強度補強をする必要があります。
例えば、基礎の立上りに換気口や人通口がある場合、さらに配管のスリーブがあるところにも同様に補強が必要です。
(小規模建築物基礎設計指針:径60㎜以上の貫通口には径10㎜の補強筋で補強する必要あり
補強筋の設置については鉄筋コンクリート造の場合、一般的に鉄筋コンクリート構造標準仕様書および配筋標準図を基に監理するのですが、木造ではそのような図面がありません。
それぞれの現場ごとで、構造計算による方法やベタ基礎配筋表の利用、または設計者の工学的判断や施工業者の経験値など様々な判断が行われるため、仕様や施工方法がその都度異なります。
現場に合わせて臨機応変に状況を確認していきましょう。

床下換気口と人通口の補強筋について

基礎立上り部分の換気口は、建設省告示1347号に「径9㎜以上の補強筋を配置すること」と規定されていますが、人通口についての規定はありません。しかし、同告示には「土台の下にあっては、連続した立上りを設けるものとすること」と規定されているため、人通口周辺部には「連続した立上り」とみなせるよう、設計者等の判断により、適切に補強を行いましょう。

■ 床下換気口の補強筋

D13の横筋およびD10の斜め補強筋により床下換気口を補強した例

■ 人通口の補強筋

D13の横筋およびD10の斜め補強筋により人通口を補強した例と横筋のみで補強した例

スリーブ開口の補強筋について

設備配管のためのスリーブ開口や人通口は基礎梁の欠損になるので、補強措置が必要となります。
開口による基礎梁断面が欠損する場合は、欠損した断面で構造検討を行い、適切な補強措置を施しましょう。(参照:小規模建築物基礎設計指針)

また、排水管スリーブが立上り部で2区画連続する箇所は横筋にて補強を行うようにします。

【補強筋について】

  • 全箇所の開口位置や補強筋の位置や形状を目視確認し、補強筋長さが図面通り施工されているか計測する。
  • 基礎立ち上がり部分の換気口は径9㎜以上の補強筋を配置する。
  • 基礎開口・人通口の開口幅は600㎜程度を基本とする。
  • スリーブ開口部で主要な鉄筋を切断した場合は、主筋径 切断区画長さ+80dの補強筋を設置する